日産フェアレディZ、Z32型のDIYメンテナンス記録や中古車情報を掲載しています。

メンテナンス記録

メーター

オイルクーラー周り交換後の印象

オイルクーラーコア、ホースを交換後、高速道路を走行する機会がありましたので油温計の状態を観察してみました。

油温計(その1) 油温計(その2)

オイルクーラーが作動する前は90度近くあります。
オイルクーラーが作動後、オイルの循環が始まるとスーッと温度が下がっていくのが確認できました。以前より早く温度が下がり80度前半で安定します。クーラーコアが綺麗になったのと(と言っても中古ですが)、エンジンルームを避けてホースを配管したのが良かったのかもしれません。

エンジンオイルのクーリング対策はこれで良いとして、ずっと気になっているのはミッションオイルです。夏場に長時間走行すると、シフトノブの付け根の金属部分が火傷しそうなぐらい熱くなっています。冬は暖かくていいのですが。相当熱を持つようです。今後、対策を考えていきます。

その他オイルークーラー交換の写真は以下リンク先に掲載しております。(Facebookページ)

2013年10月19日
カテゴリ:[ 冷却系 ]

Touch-B.R.A.I.N.バージョンアップ(Version1.44)

BLITZのTouch-B.R.A.I.N.をVersion1.44にアップデートしました。

Touch-B.R.A.I.N.Version1.44バージョンアップ(その1)Touch-B.R.A.I.N.Version1.44バージョンアップ(その2)

USBスティックに必要ファイルを入れてキーをIGNまでまわし電源を入れるとアップデートが開始されます。USBはフォーマットしてから使用した方が良いようです。フォーマットせず、中身のデータを空にしただけではうまく認識してくれませんでした。

今後、オプションパーツの「SENSOR JUNCTION BOX」を導入して油温、油圧の情報も入力できるようにするつもりです。

2013年09月02日
カテゴリ:[ 電装系 ]

BLITZ TOUCH BRAIN 取り付け

追加メーター交換計画

水温、油温、油圧の追加メーターをダッシュボードに取り付けています。最近、どうも動作が怪しく、明らかに針が正しい数値を指していない。熱のせいで壊れてきたのではないかと。

Z32 TOUCH BRAIN取り付け前

BLITZ TOUCH BRAIN購入

そんな中、BLITZの「TOUCH BRAIN」という商品を発見。Z32のNA、VG30DEにも適合しているということで早速購入。本体の他に、別途NISSAN NON OBDハーネスが必要です。
Yahoo!ショッピングで購入しました。NISSAN NON OBDハーネスとあわせて38,480円でしたが、Yahoo!ポイントがけっこう貯まっていたので、6,000円ちょっとで購入することができました。

TOUCH BRAIN外箱TOUCH BRAINとNISSAN NON OBDハーネス

Z32でモニタリングできるのは以下の通り。油温や油圧は別途「SENSOR JUNCTION BOX」というオプションパーツと専用センサーの購入が必要です。今回は予算的に断念。

  • エンジン回転数
  • 車両速度
  • 点火時期
  • スロットルセンサー電圧
  • 冷却水温
  • エアフロ電圧
  • インジェクター噴射時間
  • インジェクター噴射量
  • ギヤ位置
  • 馬力
  • 走行距離
  • 瞬間燃費・平均燃費・積算燃費・区間燃費・消費燃料・燃料代金
  • 理論空燃比に近づけるための制御状況
  • O2センサー電圧
  • バッテリー電圧

ホルダー準備

付属のホルダーは吸盤タイプで、ほとんど平らな面が無いZ32のダッシュボードには合いそうにありません。本体にもテープでホールド用の部品を取り付けないといけないので、できたら本体には何も付けたくない。という理由で「星光産業 EC-126 フリーテレキャッチ」という商品を選択しました。

TOUCH BRAINと星光産業 EC-126 フリーテレキャッチ

幅8cmまでのスマートフォンをホールドできます。TOUCH BRAINは幅7cm強なので何とか許容範囲。また、本体を手軽に着脱できるので、盗難防止のため車を離れるときは取り外すといった使い方ができます。

取り付け後

取り付けたところ、非常にすっきりしました。少々寂しい感じもします。まだ走行テストはできていませんが、モニタリングした数値を記録する機能もあるようなので、これから使い方を探っていきます。

Z32 TOUCH BRAIN取り付け後

夏のZ32はエンジンルームに隙間が無いせいで、水温が異常に高くなるので、正確な数値を知るのに良さそうです。

2012年07月28日
カテゴリ:[ 電装系 ]